小説・エッセイ

小説・エッセイ

【スティーブン・キング ザ・スタンド】から学ぶ「本当の試練は災厄のあとに訪れる」

1年半ぶりの読書ブログでひたすら情けないです・・・。最近は主にこちらの方を更新しています。だって読書欲より食い意地のほうが強いタイプなんですもん。 スティーブン・キング御大の「ザ・スタンド」は、強力な罹患率・致死率をもつ疫病...
小説・エッセイ

【六号病棟 チェーホフ】に問われる「君は針の前でも哲学していられるか」

採血が、とにかく怖いんですよね・・・ どう叩いてもこすっても血管が出てこず、看護師さんが2人掛かりで私の腕を前に推理を繰り返し、最終的には採血だけ後日になったり婦長が登場したりという腕を持っております。 ただちょっと針を刺すだ...
小説・エッセイ

【ジグソーマン ゴード・ロロ】の読了後にもれるなんとも言えないため息

この本を読み終わったとき、ただただため息が出ました。面白かったとか傑作だというより、ただ「はぁー・・・」という反応。まず感想ではなくて反応が残る本でした。 なんだろう、本が進むほどにひどい状態になっていく主人公をもう見なくても済むため息と...
スポンサーリンク
ビジネス・啓発書

【斎藤一人 無敵の人生 芦川政夫】を読んだ私よもう少し真摯にレビューせよ

(mixiから移動させた2011年の読書レビューです。2011年の私、レビュー超テキトー!!) あらすじ 苦労に苦労を重ねた人生を送った上、つぶれかけの喫茶店を営む芦川政夫。ある頃から、高級外車に乗った謎の男が毎日来店し始める。 「この店...
小説・エッセイ

【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ  小池 浩】は確かに日本一わかりやすい願望実現本

あいかわらず引き寄せ大好きなあやめです。今日は日本一わかりやすい願望実現本との評判高い【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】の良本ぶりをお伝えしたいと思います。 ミスターどん底コイケ、メンがヘ...
小説・エッセイ

男はつらいよ──じゃあ女になろう!【女装して、一年間暮らしてみました。 クリスチャン・ザイデル】

ももひきを便器に流そうとした過去のある男、ストッキングと出会う─この本はそんな風に始まる。 女性にとって男性の世界がどう見えるかの意見は世に溢れているが、男性にとって、女性の世界はどう見えるのだろうか? 著者のクリスチャンにとっては、そ...
小説・エッセイ

クリスよ、君は心理学者に向いてない【ソラリス スタニスワフ・レム】

惑星ソラリス‐100年以上も研究対象になりながら、意思を持った海が棲んでいる事以外はほとんど何も判明しない謎の星。心理学者クリス・ケルヴィンはソラリスの上空に設置された研究ステーション内の調査のためにソラリスに派遣される。そこにいたのは精神...
小説・エッセイ

・・・つまり結局おいしくないってこと?【イギリスはおいしい 林 望】

イギリスの食べ物の味を表現するのは難しい。経験上、一口食べて「マズっっ!!」と吐き出すほどまずいものは基本ない。ただ、静かに食べるのをやめて眉間のしわを揉むような味のものにはよく遭遇する。と思う。 まずくはないけど、おいしくないのだ。それ...
小説・エッセイ

調子に乗るのもいい加減にしなよ!【HUMAN LOST 太宰 治】

太宰治 【HUMAN LOST】読書中。 あのさあ、一言言わせてもらうけどさあ、治くんさあ、あんた、どのツラ下げて奥さんにグズグズ言ってんの? そりゃ、薬中が入る病院なんか精神病院に決まってるじゃん。 『看護婦さんと楽しく...
小説・エッセイ

軟弱男の逃亡劇にイライラ!【赤毛の男の妻 B.S.バリンジャー】

「なんやて?!」 この本の感想はこれがすべてです。 脱獄して昔の妻に会いに来たローハン(ビビりな男。たまに第六感を発揮)。昔の妻マーセデス(元大会社の副部長。デキル女)。そしてそのマーセデスと現在結婚しているイヤな男ターナー(イ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました