100万円プレゼントにはずれた私の年末年始の金運とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも、お金を大好きになったのに前澤100万円プレゼントに外れたあやめです。

100万円欲しかったなぁ・・・

では、お金を大好きになった私の金運は大好きになる前と比べて据え置きなのか、というと、それがそうでもないのです。

今日はお金の話です。「引き寄せ」基礎知識がある人向けの話かもしれません。

レクタングル大

年末年始の金運状況

まず、仕事が入れ食いで正月がなかった。1月後半から2月にかけては入れ食いすぎて3週間休みがなかった。

(1日なんとなく倒れたのでそれが休みともいえる)

これは良運なのか賛否両論あるだろうけど、まぁ営業する必要もなくて人付き合いもほとんどする必要なくて、自分のスケジュールで得意なことだけしていればお金の心配しなくていいのはけっこう幸せでは、と思うのです。

早起きして朝活したり満員電車に乗ったりするのも、自分でスケジュール立ててるとそんなに苦痛でもない。終わる時期もちゃんと分かってるしね。

2014年くらいに以下のようなツイートをしていたのですが

最後の方は毎日昼と夜が成城石井のお弁当でした。喜べ私よ!「成城石井飽きた・・・」とか言うようになるぞ!

もちろんブログに書くくらいだからこれだけで金運は終わりではない。次はお年玉事変である。

何を隠そう、私は40になった今でも各方面からお年玉をもらっているのです。だってくれるんだもん!!

私だって20になったときは抵抗しましたよ、もう大人だからって。30になったときだって抵抗しましたよ。でも40になったらもう素直にもらってる・・・大人だから・・・事を荒立てないのが大人だから・・・

お年玉は「お年玉」として来る場合もあれば、年寄りの代わりにパソコンや家電を買うお使いをしたお釣りが「お年玉ね!」として来る場合もあるし、まぁ何かのお祝いとして来たり色々なのですが、

そういうお年玉が今年おそ松くん2チームくらいになったの・・・・

私も集計して「えっ!」と思ったし、くれた人たちもこれを知ったら「えっ」と思うだろう。

ただ、100万円当たるはずだったwことを思うと、まだ引き寄せ力が望みの10分の1、ともいえるかもしれない。

私は小林正観さんの著書が好きで、2017年くらいに以下のようなツイートをしているのですが

たぶん高額くじ的なものは当たらないような気がするんだよなぁ・・・。100万円が私にとって「高額」じゃなくなったときに初めて当たるような気がする。

こう、人に恵まれたことを感謝しつつ自分の力を存分に発揮して豊かになっていくことにテーマを置いてるような気がするんだよな・・・

だから、「人に感謝しなくなっちゃう」可能性があり「自分の力の結果」ではない「一生困らないドカンとした不労所得」は来ないような気がする・・・

引き寄せでもらった不労所得は500万くらいなんだけど、それも途切れ途切れの累計だしね・・・

そうこうしていたら、夏冬のボーナスが5万ずつアップの話が舞いこんできました。ありがとうございます!!

でもやっぱりこうなんだよ・・・。こういう、能力の成果として(それにしてはずいぶん多いんだけど)しか私の金運は動かないような気がするんだよなぁ・・・

 

よろしければ ブログランキングご協力ください→ 

レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする