【祝!断酒一年】断酒日記をまとめてみました【〜250日】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お酒を飲まない生活にも慣れてきて、代わりのリラックス方法や趣味も見つかって、飲まないことで温存できたエネルギーを有効に使えるようになってきました。

何もかも順調に見えます。しかし日常の中に落とし穴は潜んでいる・・・

落とし穴は、周りの環境や状況よりも、その環境や状況を「自分がどう受け取るか」に潜んでいることがわかる、250日までの記録です。

スポンサーリンク
レクタングル大

〜250日

156日目 8月22日(水)

これはワインやカクテルを好きだった人におすすめ。保存も効くし、ハーブティーでできているので身体にもいいし、ソーダ割りやお湯割りなどにできて、季節を問わずリラックスタイムに使える。

どのハーブティーを使うかにもよるものの、ワインやカクテルっぽい味を作ることもできるだろう。

代替飲料が飲酒欲求の呼び水にならないタイプの人は試す価値あり。

167日目 9月2日(日)

ずっと飲んでいたカタプレスを辞めたいので主治医に相談すると、「いいよ今日から辞めて」という返事。しかし断薬したらお酒を飲みたい気持ちがしばしば浮かんでくる。

正確には、急な断薬によって少しのことでイライラして、イライラすると「お酒飲めば治るのに」みたいな思考が浮かんでくる。

向精神薬や睡眠薬など脳に効かせるタイプの薬を急に断薬すると、私は飲酒欲求に悩まされるらしい。断酒中の脳はデリケートに扱わなければいけないことを学ぶ。

171日目 9月6日(木)

たまたま良くないタイミングが重なって、達成できると思っていたタスクできなかった。自分にがっかりしてたまらなくお酒が飲みたい。飲まなかったけど、こんなに飲みたい気持ちになったのは断酒を始めてから初めてかもしれない。

171日経っても油断できない。でも!飲まなかった!

念のため、Twitterでお酒のツイートや画像をあげる人のフォローを外す。

180日目 9月15日(土)


200日目 10月5日(金)

カキフライを2つ食べて、揚げたての揚げ物に感動する。思えば、居酒屋にずっと行っていないので外で揚げたての揚げ物を食べていないのだ。

酒を飲まないと2つで十分満足するけど、飲んでるときは対して味わいもせずパクパク食べていたなぁ・・・

216日目 10月21日(日)

ちなみにこの頃はおかゆ食べたり身体を冷やさないようにする、いわゆる対「虚証」の養生や、↓でもレポートしている「はかりダイエット」をしていた。

はかりダイエット開始・1日目
(前置きが長いです。本題はここからとなっております) ADHD過集中タイプのわたくし、みなさまのおかげに加え年単位の試行錯誤と行動療法で、ついにコンサータ18mgを頓服で暮らしていけるようになり...

236日目 11月10日(土)

一説には、断酒率が安定するには24ヶ月、つまり2年かかるのだそうだ。(上ツイートのリプ欄より)

200日台程度ではまだまだまだまだ油断できない。

250日目 11月24日(土)

総括

200日前後アルコールを断って、飲まないことが普通になっても、まだ!飲みたい気持ちがふと襲ってくることがあります。恐ろしい。

私の場合は、自分で自分にかけた期待が裏切られてがっかりしているときが一番危ないようです。お酒を飲んでも状況が変わるわけじゃないけど、このがっかりが和らぐことは知っている。

これが良くないですよね。だって飲んじゃうと状況を変えるエネルギーをアルコールに取られてしまって、その結果またがっかりする可能性が増えるわけですから。

そしてそのがっかりを和らげるためにまた飲んで・・・の見事なスパイラル。

お酒って、たまに寄生型の生物なんじゃないかなと思うことがあります。それくらい依存への道がよくできてる。

 

よろしければよろしくです 

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする