「 拙作 」一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー
【和歌】秋風の 今に吹く日を

【和歌】秋風の 今に吹く日を

秋風の 今に吹く日を待つ夏の 厳ふ暑さに 耐へに耐へつつ 縫 乱乃 秋風なんか吹いてないもん! 先日の和歌講座のテーマが「秋風」だったんですけど、このクソ暑いのに秋風のことなんか考えられます...

【和歌】霧渡る 白に隠らふ

【和歌】霧渡る 白に隠らふ

霧渡る白に隠らふほととぎす 朝雨濡れて耳澄ます百合 縫 乱乃 歌は降りてくる 二日酔い避けに朝の散歩に出た際に降りた幸運歌 百合が耳を澄ますように見えたのが先で、ほととぎすの声が聞こえ...

【和歌】白梅の 朧にもえる

【和歌】白梅の 朧にもえる

白梅の 朧にもえる 灯火に なお色深し 藍染の夜 縫 乱乃 歌のためには歌を詠まない 宵の口の洗足池で詠んだ梅の歌。5月に梅の歌の解説をするむなしさよ・・・ 創作というのは不思議なもの...

【和歌】ながらえて またひととせや

【和歌】ながらえて またひととせや

ながらえて またひととせや いかにいく 散りぬる花に いのちいきかう 縫 乱乃 生く予感 逝く予感 毎年春が来て桜が咲くと、綺麗云々以前に「また一年生き延びたか」という感慨に満たされる。 ...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大