【和歌】あをぐもの ふでのはこびも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

青雲の 筆の運びも みづみづし 額縁しみみに 瑞枝萌出づ

縫 乱乃

スポンサーリンク
レクタングル大

土地の形 雲の形

青森に行く機会に恵まれたことがある。

まだ暖かい頃だったため寒さに驚くことはなかったが、関東とはまるで違うその雲の形に驚いた。

山の間で逆巻いた強風が形になったかのごとく厳しく、荒々しい。まるで猛り狂った書道家の作品のようだった。

「筆が荒い!」というのが衝撃と共に出てきた感想で、その時から雲と筆は私の中で縁語なのだ。

それに比べれば、関東の初夏の雲はなんと穏やかなことか。さわやかで初々しい空模様を少しでもあらわす歌であればと思う。

よろしければよろしくです
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする