22歳でAカップからCカップにバストアップした話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日トイレを掃除するあの器具、あのズッポンとかガッポンとかいう器具を見かけて、ふと思い出したわけです

そういえば、昔は胸を大きくしようとしていたな・・・・・・

と。

今もあるのかわかりませんが、当時の豊胸器具に【吸い出し式】のグッズがありまして、それがまさにあのズッポンから柄を取っただけの姿なのです。

それをバストに一つづつ付けまして、まさにトイレのつまりを吸い出すようにバストを吸い出そう!という商品なのでした。

使用はしてみたものの、吸い続けるごとにバストの円周に鬱血したドーナツ状の跡がついてしまい、「これでは巨乳になったとしても別の整形をするハメになる・・・」と戦慄とともにお蔵入りに。

それ以後グッズ系に興味を示すことはなかったのですが、22歳頃、今度は別の方法でバストのボリュームアップに挑戦し一応AカップがCカップに。今日はそのお話をしようと思います。

聡明な皆さんはご承知でしょうが、これはあくまで個人的体験ですので、おすすめするのではなくお話するだけ。ご自分で試すのは自己責任でお願いいたします。また「科学的根拠ないじゃん!」という部分もありますが、過去の「こうしたらこうなった」をあくまでお話するだけですのであしからず。

スポンサーリンク
レクタングル大

Cまで行けば一応満足だよね!

当時の私のデータは22歳、身長164cm、体重55kg。デブでも痩せでもなく。今思えば、この「痩せてはいなかった」というのがかえって良かったのかもしれません。

当時の私のバストアップ療法は、大きく分けて食品部門とマッサージ&下着部門に分かれていました。一つずつ思い出してみましょう。

バストアップ作戦食品部門

当時「胸が大きくなる」と噂されていた食品はキャベツや豆乳といろいろあったのですが、私が試したのはコラーゲンでした。

【コラーゲンはビタミンCと共に摂ると吸収がいい】と聞いたので、自分でスペシャルドリンクを製作。材料・工程は以下のものです。

少量のアセロラドリンクにゼラチンを振り入れ、ゼラチンが溶けるまでレンジで加熱。溶けたら残りのアセロラドリンクを加え、計一杯分とする。

ほんとにこれだけ!

コラーゲン摂取そのものに何かの効能があるかは諸説ありますが、飲み続けるうちに心もとなかったバストがわずかに「もたっ」としてきました。

太ったか?と思いきや、体重はそのまま。

マジか!と思った私が次に考えたのは「このもたっを散らしてはもったいない!」ということ。ドリンクを飲みつつ【マッサージ&下着作戦】に移行します。

バストアップ作戦マッサージ&下着部門

バストアップに良いマッサージといっても、ずぼらな私に何十分もできるわけがなく、実行したのはこれだけ

とにかくとにかく、ブラジャーに胸をしまう!!!

ブラを着ける時にしまった胸は、その後動くとどうしてもこぼれていくもの。それをとにかくしまうのです。

トイレの中で、エレベーターの中で、一人の時ならどこでもとにかく、胸をしまい直す。

ただしまうのではなく、横は二の腕の方から、下はお腹から肉を寄せるようにしまうのがポイント。

普通のブラジャーだとすぐこぼれてしまうので、アンダーや寄せがしっかりしたゴツ系のブラジャーをよく使っていました。イメージ的にはこんな感じ↓

こういうのもよく着けてた↓


ポイントはですね、【集め終わった胸肉を収容できるカップサイズにする】ということ。日頃のカップに余裕がある人はそのまま、もっと入りそうなら入りそうなカップサイズにということです。

そしてアンダーはきつめに。一番内側のサイズにしていました。でも夜は取った方がいいと思うな。ずっとワイヤー当ててるとあばらのところが黒ずんだりするので・・・

身体にいいか悪いかと言われれば、悪いと思います!

しかし無事半年くらいで私のブラカップはAからC(ブラを外しても)になり、贅肉は形状記憶するという噂は本当なのだなぁ・・・と感慨深く思ったものでした。

ちなみに今もその療法を続けて・・・はおりません!若かりし頃より爆発的に体重が増えてしまい、胸の肉なんかより腹の肉のことで頭がいっぱいだからであります。

あぁでも下着買ってまたやってみようかなぁ。今ある贅肉が全て胸に集まったらわたし叶姉妹になれるもん。【叶のらいぬ】でユニットに入れて下さい!って門戸を叩いてみようかなぁ・・・

よろしければよろしくです
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする